arua_V8’s diary

勢いだけで映画やアニメの話など 

MENU

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」をどうして好きなのかを再定義!

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

 

略して「わたモテ」

 

大前提としてこの作品がどういう漫画なのかの説明と魅力の説明はこちら

 

そして今回は、なぜ二次元にそこまでのめり込まない自分が何故ここまで一つの漫画に入れ込むのか?それを自問自答するそんな記事。

 

f:id:arua_V8:20200923233039j:plain

 

 

 

前提

前回のわたモテ記事で書いたかもしれないが、かつてクロに友達が出来始める8巻までは興味なく、また百合展開そのもの自体も一つの導入になったとはいえ、さほど重要視はしていなかった。(今では全部が愛おしくて仕方ないけど)

 

また好きなフィクションのキャラといえば、と想像して真っ先に出てくるのは

アントン・シガーや、ハリー・キャラハン”だった”

 

f:id:arua_V8:20200923223735j:plainf:id:arua_V8:20200923223744j:plain

 

 そんな”自分はちょっと違うぜ”と思いあがってるイタイ系オタクにさらに「わたモテ」により今やキモオタ要素まで追加されている。

 

 

 

LIKEからLOVEへ

もちろんキャラクター毎の魅力や主体であるギャグは面白いながらも、何よりこれを書くにあたって思い当たったところをいくつか挙げていく。

 

  • 「ゴール」が明確に提示されていること。

  (一定水準のクオリティと期待値を下回ることのないゴール)

 

  • 主人公へのライド度合い

 

  • 読み返す度の発見や繋がり

 

これら3つが何より大きい。

 

ゴールに関しては後述するが、主人公へのライド。つまり感情移入が深くなるのは彼女の高校入学から満たされず作者からも読者からも一種のピエロとしての扱いを見てきたからだろう。

 

これは間違いなくピカレスクロマンであり、そのジャンルのいわゆる基礎点があり、面白くないわけがない。

 

そうして何度も読み返す内に自分の中でパッケージとしての完成度が高まっていくと、次第に俯瞰していたはずがシッカリとキャラクターにのめり込み、気づけばTwitterで気持ち悪いことを言い出すわ、ぬいぐるみまで予約する始末。

f:id:arua_V8:20200923233710j:plain

(これが噂に名高いオタク税....)

 

 

 

時代性

さて、 いわゆる「なろう系」に対する嫌悪感とそのコンテンツによる功罪はかつてこのブログで書いたので割愛するが

 

人気を博した「鬼滅の刃」でも見受けられた、努力の最小化(技習得)

 

つまりは段取り、疲れる、美味しいとこだけ。的な現代社会の病理といって大げさでない問題を「わたモテ」は偶然とはいえ

 

何故あの独りよがりで空回りばかりしていたクロが徐々に周囲を蠱惑し友達を増やしていったのか。というロジカルな手順を踏んで願望の成就を遂げている。

 

また「インターステラー」や「君の名は」で共通して語られていた、みんながソーシャルや個人で完結し、何かを省いたり積み重ねの拒否する。

 

そこから人間関係から直接出会い交流し、生身を求め合う必要性も必然性も

この「わたモテ」ではしっかりと描かれている。

 

 

オレポイント

 ※ここは非常に個人的な問題なので飛ばしてOK

 

先ほど挙げた「ゴール」これに関しては

 

我々オタクは昨年「アベンジャーズ」でフランチャイズ映画シリーズ史上、今後も超えることのできない完璧な大団円を迎え天に昇り....

 

そして「スターウォーズ」で地獄へ落ちた。

 

さらにはネットフリックス限定ドラマの「ハウスオブカード」もまさかの主演降板によってファイナルシーズンは主人公不在の最悪のラストに。 

 

また日本産ドラマで多大な期待をしていた「あなたの番です」も最終回は倫理的にも酷いものに....

 

アニメにおいてはトリガーの「プロメア」「BNA」も、どうしてもガイナックスに居た頃からはターゲットやしがらみによる問題があまりに表面化したこともあり、不完全燃焼に終わった。(SSSSグリッドマンはスタッフのオタク強度が濃すぎたせいでキャラクターの心理を描き忘れるという致命的なプロットの問題があったように思う)

 

そんなわけで入れ込んで見ていたものの殆どが悲惨な結果に終わり、精神は非常に参っていた。

 

一体誰が自分を抱きしめてくれるんだ?ミッドナイトゴスペルは深く刺さったが高尚が過ぎて長居できない....

 

といった具合で温かく壊れることのない、結婚を前提とした長期交際の相手を探していたところに「わたモテ」が、クロが流浪の自分を抱き留めてくれたのだ。

 

最後に

 全部でっち上げです。

 

今思いついたそれらしいことを、わたモテ更新まで時間ちょっとあるし書いてみるか。ってなもんです。

 

とはいえ、なんで好きなのか。ということを友達や知り合いに話したところで長くなるし、この「好き」は非常に個人的な経緯で生まれたものなので、あまり押し付けるのもよろしくないと思い、ここで吐き出しました。

 

 

早くクロのぬいぐるみ届かないかなぁ...

8巻から再アニメ化しないかなぁ....

更新した瞬間トレンド入りするぐらい人気.....になると変なファン増えるから、それはそれで困るなぁ...

悶々

 

 

 

Netflix「悪魔はいつもそこに」 芸の肥やしって凄い!

※今回は映画自体よりも吹き替え演技についての話

 

 

9月16日 本日配信の「悪魔はいつもそこに」

(原題:The Devil All the Time

 

f:id:arua_V8:20200917032816j:plain

 

映画自体はプレイス・ビヨンド・ザ・パインズのもっと単純版という印象。

 

映画自体は緩急あってそこそこ楽しめたんですが、今回は珍しく吹き替えで見て驚いた。

 

 

 

ロバート・パティンソン演じる、田舎で結婚している身でありながら若い女を神の名の元に孕ませ捨てる神父役が素晴らしかった。

 

もちろんパティンソン自身の演技もさることながら、吹き替え演技が偶に聞くアニメやゲームの演技よりも自然で、真に迫っていた。

 

もちろん声優業界は男は若手を食い何股をし、女性は枕営業があるというのが、もはや噂では留まらないほど各所から漏れ出ているわけだが、そんなことはどうでもいい。

 

 

我々は作品にあった演技さえしてくれれば、悪逆非道で女を泣かせようが、既得権益のおっさんに抱かれていようがどうでもいい。

 

(ちなみに特定に対して声優に愛も憎しみもなく、むしろ無関心です)

 

ただそんなことより今回大きな発見をしたのが、かつては芸能世界で当然のごとく言われていた「女遊びは芸の肥やし」というようなものは、悪辣でくだらない言い訳だと信じていたのだが、それは間違っていた。

 

ロバート・パティンソンの演じる最低最悪の神父は銃を突きつけられてもなお、悪びれず女のせいにする。

 

映画には偶に出てくるクソ野郎の典型のようだが、他で聞く演技はもっと戯画化されわずかなりとも誇張されているものだが、今回はまるでそう感じさせない

 

何か一つ上の説得力が乗っかっていた。

 

(一応弁解しておくが、その吹き替え声優の素行なんて知らず、このブログを書こうと思ってから初めて調べるとまさにビンゴといった感じ)

 

まさに今回はその女遊びは芸の肥やしとなっていた...

 

 

つまり、やはり演技をする上ではそれに近い実体験や共感、ある種のメソッド演技というものは演技力を格段に向上させるのだということを実感を持って知れた。

 

 

 

あとセバスチャン・スタンはアイ、トーニャの時も驚いたけど、今回もまた別人のような役作りによる体型変化は驚きました。

 

役者ってスゲー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タコとの友情に咽び泣く男! Netflix限定「オクトパスの神秘: 海の賢者は語る」 

最近何かと話題の「梨泰院クラス」を見るためにNetflixに再加入しまして

 

あと「アンブレラアカデミー」も見て、どちらもそこそこ楽しかったんですけど....

 

 

何よりも心打たれたのは

 

「オクトパスの神秘: 海の賢者は語る」

f:id:arua_V8:20200915183825j:plain

 

 

南アフリカの沖にあるケルプの森(こんな感じ)

f:id:arua_V8:20200915183752j:plain


ここに住むメスのマダコと、人生に疲れた男が少しずつ関係性を築き、そしてマダコの最期までを映したドキュメンタリー。

 

 

 

もちろんタコの豆知識やその生態、知能の高さなどの”情報”の面白さも多いのだが

 

 

何よりも、まるで「ヒックとドラゴン」のように少しずつロジカルな段階を踏んでいき、次第に異種間での友情と触れ合いが構築されていく光景に見ているこちらまでタコとの間に友情さえ感じるようになる。

 

サメに襲われ、触腕を失った時などは辛くて見ていられない....

 

 

画が綺麗なのはもちろん海の中の様々な生き物、タコの習性や狩りの光景を見るにつれどんどんと没入していきながら、大いなる自然のライフサイクルに心打たれていく。

 

 

 

 

この映画はタコの最期までを追っていくのだが、日が開いて海に潜ると我々のマダコにはいつの間にかオスが擦り寄っていたという、まさかまさかのNTR展開に心の底から落ち込んでしまう。

 

あんなに触れ合って、心通わせたのに....

 

 

しかしタコの生態を知らなければ、その後に待ち受ける展開に私は気づけば涙していた。

 

 

それとまた同様に、そうして続いていく自然世界の成り立ちを深く心に刻むこととなる。

 

 

「倒れていったものの願いと、後から続くものの希望!二つの想いを二重螺旋に織り込んで明日へと続く道を掘る!」

 

こうですよ。

 

なにがだ。

 

 

 

とにかく自然系のドキュメンタリーで、しかもタコを想って泣くことになるとは夢にも思わなかった。

 

続きを読む

「ぼくらのウォーゲーム」40分間で全てを見せる細田守の最盛期

あれは私が幼年期のころ。

 

VHSを幾度となくレンタルし、食い入るように見ていた。

 

 

99年より始まったTVシリーズ デジモンアドベンチャーの劇場版第二作

 

デジモンアドベンチャー 

       ぼくらのウォーゲーム!」

f:id:arua_V8:20200724154900j:plain

 

 

あらすじ

簡単に内容を振り返ると、1年間のTVシリーズの物語が既に終わった”成長後”の物語

 

デジタルワールドから子供達が帰ってきて数か月経った2000年の春休み。突如ネットに出現したデジタマから生まれた新種デジモンは、ネットに繋がるコンピュータのデータを食い荒らし、様々な機関を暴走させながら急速に進化。

世界を混乱に陥らせる謎の新種デジモンを止めるため、事態に気づいた太一、光子郎の二人は選ばれし子供達を集め、再び戦いへと乗り出すことになる。(wikiより)

 

たった40分

まずこの映画の驚くべきところは、上映時間40分という短さである。

 

もちろんTVシリーズからの続編ということで各キャラクターの説明や関係性を0から描く必要がないということもあるが、例えTVシリーズを知らずとも自ずとわかるようにも描かれている。

 

だからといって、全く同じプロット、時間でこれほど絶妙な静と動、起承転結、そして大人から子供まで楽しめるよう作れるかと言われれば非常に難しい。

 

 

 

元ネタ

タイトルにもあるようそのまま「ウォーゲーム」や、

動き出した核兵器を止めるため右往左往する「博士の異常な愛情」などはわかりやすい。

 

劇判にも「博士の異常な愛情」でも使われていた「ジョニーが凱旋するとき」のアレンジや、クライマックスにかかる曲は細田守の要望によりG・フォーレのレクイエムを意識的されている。

 

しかしそれはあくまでも大人が見て反応する程度に抑えられており、ここにおいても知らずとも一切問題はない。

 

 何よりも言いたいこと

 なぜ物心ついた頃から今に至る20年ほどの間で、飽きもせず見れるのか、そして愛してやまないのか。

 

それはクライマックス

 

劇中、主人公達をネット越しで見ている世界中の子供達の応援メールによって回線に負荷がかかり、主人公たちは絶望的な状況に陥るが一転して奇跡が起きる。

f:id:arua_V8:20200724162817p:plain

子供のころはあくまで負けるための都合のいい転落、子供向けの都合のいい奇跡だ。とそう思っていた。

 

しかしこれは違った。

 

何か大きなことを成そうとするとき、多くの人がそれを注目し、ありとあらゆる声が届く。

 

当人にとってそれは応援であろうと批判であろうと重荷となり、起き上がれないほどに打ちのめされる。

 

しかし!!

 

そうしてどん底に落ちたその時に自分を立ち上がらせてくれるのは、人々の声であり自分を顧みない覚悟である。

f:id:arua_V8:20200724162948p:plain

人々を守るのがヒーローであれば、ヒーローを守るのは人々である。というオールタイムベスト

スパイダーマン2」でも訴えていた絶対的に正しいテーマだ。

 

子供向けの奇跡にも見えながら、何よりも誠実で2000年の作品であるにも関わらず、まさに今のSNS社会にも非常に重なる。

 

つまりは時代を問わない普遍性を持つのだ。

 

 

 

ポケモンへのアンサー

当然デジモンというコンテンツは「たまごっち」や「ポケモン」のヒットからの流れであるのは周知であり、当時の大人たちが”偏見”としてよく口にしている

 

f:id:arua_V8:20200724165418j:plain

 

「行けピカチュウじゃねぇよ!サトシお前が行けよ!」

 

(私はミュウツーの逆襲でのサトシの行動を知っているためそうは思わないが)

 

そういった世代批判には既に2000年という大きな節目で既に答えを提示している。

 

それまでは画面越しで自分のパートナーに指令を出していた主人公たち自らがネットの中へと入り、満身創痍のデジモンに寄り添う。

f:id:arua_V8:20200724165603j:plain



 

 

このアイディアは初期にはなく、当時の東映社長 泊懋氏の意見によるもので、細田監督は当初「主人公たちが中に入っても何もできない」と反対していたが次第に「一緒に居ることに意味がある」と気づいたという。

 

トイストーリー1作目においても最後に犬の鳴き声で終わるはずが、2人のやれやれ顔で終わる。というアイディアを、あの悪名高いマイケル・アイズナーが出したように、名作となる要因の裏には社長の一言があるのは感慨深い。)

 

つまり自分は安全圏の場所で、他力本願的に何かを使役してゲーム感覚の充足感を得る。という欺瞞的な構造から、自らの身も危険にさらすことによって精神、テーマは画面で起きていることと同様に

 

 

 

                

f:id:arua_V8:20200724165647p:plain

これを果たすわけである。

 

 

最後に

どうだろうこれだけのテーマを40分で、それも静と動を交えながら描くことが出来るだろうか?

 

もちろんこれだけの作品を今の細田守には描けないし、周囲がやらせないだろう。

 

東映という制作現場、吉田玲子脚本、テレビシリーズの続編という非常に多くの好条件が"合体"して起こした奇跡的な作品だ。

 

この他にも核が落ちてくるタイムリミットが試験終了、ケーキ作りと重なり、劇中でも同様の時間が流れるという巧みな作りなど。

 

映像を流し、ワンカットワンカットを一時停止して誰かと語り明かしたほどだが、今回はこの辺りで。

 

 

 

頼む細田守!帰ってきてくれ!!!

 

 

 

 

 

「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 」は逆・桐島、部活やめるってよ。である

ここ数年、風前の灯であった火がネット上でじわじわとその勢いを増している。

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

 

略して「わたモテ」

f:id:arua_V8:20200706215629j:plain

 

待って欲しい!

 

分かる。私も同じように一瞥をくれて二度と会うことのない有象無象の1つだと、そう思っていた。

 

しかしこれは様々な”自分”を露わにし、救済し、そして”世界”へと上がっていく

 

ポジティブな「桐島、部活やめるってよ」なのだ。

 

このタイトルで?このキャラクターで?キモオタ向けでしょ?

 

確かにそういった側面も否めないが、それでものめり込んで、涙し、深い。

 

そんな「わたモテ」の魅力を稚拙ながら紹介していこうと思う。

 

続きを読む

Netflix限定アニメ「The Midnight Gospel」 これはアニメなのかそれとも...

アドベンチャータイムの原作、監督、絵コンテ、演出、キャラクターデザイン、録音監督、OP作詞作曲・歌唱

 

を務めたペンデルトン・ウォードが送る新作アニメ

「The Midnight Gospel」 全8話

f:id:arua_V8:20200505141807j:plain



 

少年の見た目をした40代の主人公が、多元宇宙もしくは仮想世界にダイブしてその世界に住む生き物にインタビューをし、それをポッドキャストで配信する。というもの

 

面白い設定だが、これは今までになく、そしてこれから生まれることのないただ一度きりの実験的”導入剤”だ。

 

 

今回注意すべきなのは、視覚的に入ってくる情報と耳から入ってくる情報は決してシンクロせず、アニメーションを見れば言葉が飲み込めず、言葉を飲み込めばアニメーションを見逃してしまう。

 

 

というのは主人公の声優であり本物のポッドキャスターのダンカン・トラッセルが

 

現実に実在する薬物中毒に詳しい内科医、チベット仏教徒、元死刑囚など日本人には一切馴染みのない”その筋の専門家”にインタビューをするというものだからだ。

 

 

 

 

話の内容も非常に哲学的であり、ある程度の東洋思想や哲学リテラシーというものを要求されるため、理解するには高い集中力と好奇心が必要とされる。

 

ここである程度の例を挙げていきたいのは山々ではあるが、筆者もまた直感的な理解のみに留まっており、言語化には時間がかかるので割愛するが

 

実存や愛、生と死、悟りなどのテーマなど、普遍的で自身が小学校の頃から抱いていた漠然とした世界への疑問を一緒に考え、どうしていくと楽なのか。という話が主である。

 

 

そして詳しくはネタバレになるため伏せておくが、最終話ではこれまでとは一味違う

ゲストと共に語られるテーマは万人に共通する、逃れえない一つの結末。

 

これに関しては哲学でもなければ悟りでもなく、ただただ向き合うだけで良く、今こうして書いているだけでも涙が溢れだすような内容となっている。

 

 

 

 

ここまで読むと難しい内容で、抵抗感が強まるだろうが、アニメーションが非常に会話らしく、色彩豊かでありながら一種幻覚的な美しさと造形のオシャレさで見ていて飽きない。

f:id:arua_V8:20200505144549j:plain

f:id:arua_V8:20200505144601j:plain


そして話と繋がっていないように見えて、ずっと見ていれば最後に語られてきたことと次第にシンクロしていることに気づき、飲み込むには時間のかかるテーマを見事にアニメーションを楽しみながら噛み砕くことができるよう意図されており、

 

アドベンチャータイムでも時折哲学的であったり、口をあんぐりと開けたまま終わるような話があったが、今回はその延長線上であり、あくまでもエンターテイメントとして成立するようにもなっている。

 

 

 

 

 

これまでの100年、アニメという娯楽はそれを通して様々なテーマを描いてきた

 

しかし、このミッドナイトゴスペルにおいては

 

哲学を通して、アニメという娯楽を描く。という逆説的な手法を取っている。

 

 

 

なぜ自分がいるのか、死という不可知を前にどう心構えをするのか。

 

そんな誰にだって必ず来る疑問と恐怖のため、ミッドナイトゴスペルを見るのは如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

進撃の巨人 現在予想可能な情報 エレン編

残り10話以内で終わる可能性の高い「進撃の巨人

 

そこで、これまで予想してきたことを纏めておこうと思う。

f:id:arua_V8:20200418024035j:plain



  •  前提
  •  解放されたエレン
  •  最後には...

 

続きを読む